給料アップ交渉は本当に出来るの?

看護師の仕事を探す時には給料の値段も重視するポイントですよね。

 

いくら働きやすい仕事でも不当に安い給与では、モチベーションを維持するのが難しいと思います。

 

転職をするときには面接時等にだいたい先方から給与面の条件を提示してくるのですが、この時に自分から提示された金額より高い給与を要求するのはなかなか難しいと思いがちですよね。

 

国公立の病院は前職の経験年数に応じて給料の額があらかじめ設定されていますが、民間の病院だと給料の基準がかなり曖昧です。

 

病院側も人件費を抑えたいですから、だいたいが低めの給料を提示してきますよね。

 

でもここで妥協する必要は無いんです。

 

自分の経験や年齢、スキルをアピールして、基本給や時給をアップすることは可能なのですよ。

 

パートや派遣などの非常勤の期間は経験年数として加味されない場合もありますけれど、交渉次第では

 

非常勤の期間の経験も給料アップのアピール材料になるんです。

 

とはいえ、自分ひとりで給料アップの交渉をするのはなかなか大変ですよね。

 

わたしは派遣サイトをうまく利用して、希望の条件に合うように自分の経験や能力をアピールしてもらったので、ほぼ希望通りの給料の条件の職場に就職することが出来ました。

 

給料アップ交渉を成功させるには、事前にご自分の希望の条件や、アピールポイントを整理して、派遣サイトに伝えておくといいですよ。