患者さんって看護師に「愛想よくニコニコしてれば良い!」って思っている節がありますよね。看護師に専門性よりも優しさや気配りを求める患者さん。でも多くの医療事故は看護師に責任が掛かってくるんですよね!

患者さんって、この看護師はいい看護師だとか、この看護師はダメだとか、患者さんなりの評価がありますよね(´・Д・)」

 

性格が合うとか合わないとかの問題もあるのでしょうが…。

 

患者さんにとっての「いい看護師」とは?

 

いつも笑顔だ…
いつも声をかけてくれる…
話しやすい…
優しい…
気配りができている…

 

そういったことで看護師の良し悪しが決まるみたいです(・_・;

 

だから、「愛想が良くてニコニコしている」看護師は、患者さんにとっていい看護師なんですよね。

 

患者さんにとっては、いくら仕事が出来ても、点滴や採血がうまくて、失敗されることがなくても、愛想が悪くてピリピリしている看護師はいい看護師ではないのです。

 

しかし、私たち看護師の目線から見れば、いくら愛想がよくても、いくら優しくても、いい看護師とは言えません(;´Д`A

 

人の命に関わる仕事をしているわけですから、知識や技術を伴っていなければ、愛想が良くてもミスばかり起こしていたり、異変に気づくことが出来ませんからね。

 

愛想が良くて、ニコニコしてるけど、ドジでおっちょこちょいなナースなんて、一見可愛らしく聞こえるかもしれませんが、医療事故など起こしかねない危険なナースですからねf^_^;

 

医療事故は、患者さんの身体に影響する事故ですから、絶対に起こしてはいけませんし、ナースの責任は重大ですね。

 

だからといって、どんなに仕事が出来るからといって、患者さんに対してふてぶてしい態度だったり、患者さんの訴えに耳を傾けないようなナースはダメですよね>_<

 

ナースって、知識や技術だけではなく、人格までも求められるわけですから、簡単な仕事ではありませんね(´・Д・)」